直葬で故人の方と最後のお別れ【悲しい気持ちを短くバイバイ】

直葬でお考えならご相談ください

Content

火葬のみのお葬式

手をつなぐ

火葬のみのお葬式である直葬は、費用が抑えられるというメリットがあり今後は認知度が上がり、そして増えていくと考えられます。業者によってやり方やかかる費用、サービスの質などに違いがありますので情報収集しておくことが重要です。

新しいお葬式と埋葬方

手を合わせる

最近は宗教や常識にとらわれないで行う葬儀が多くなっています。埋葬法も樹木葬や海洋葬など、墓石を作らないで埋葬する方法が人気です。個性を生かした手作り感覚の葬儀は、これからますます普及していきそうです。

低予算でできるお葬式

蝋燭

お葬式をするときに一番かかるのが葬儀社に支払う費用です。そのため、葬儀社は慎重に選ぶ必要があります。病院から紹介してもらった葬儀社ではなく、自分自身で見積りをもらって安くできる所を探すことをおすすめします。

簡素でリーズナブルな葬儀

低価格な葬儀

線香と数珠

できるかぎり簡素に低価格で葬儀をしたい人にお勧めなのが直葬です。直葬は都市部から広がってきた新しい葬儀の形式です。葬儀社によっては火葬式と呼んでいるところもあります。普通の葬儀は仮通夜から本通夜、そして葬儀をして告別式、最期に火葬という手順で行なっていきます。ただ直葬は火葬だけをするので、その分時間と葬儀費用の削減ができます。葬儀費用は一般的な仏式葬儀を行うとトータルで200万円前後しますが、直葬ならすべて合わせて10万円〜20万円でとり行うことができます。核家族化によって地域社会が崩壊し、高齢化社会になり社会生活からだいぶ経過してから亡くなる人が増えたことなどが理由で、直葬という葬儀のニーズが年々高まっています。

火葬をするまでにする事

直葬をするにあたって、注意しなければならない事がいくつかあります。遺体はすぐに火葬することができず、日本の法律では死亡後24時間以内は火葬できない決まりがあります。病院で亡くなっても24時間安置しておくことはできないため、遺体を搬送して安置する場所を確保する必要があります。自宅に安置できない場合は、民間か公営の安置所を借りるのが一般的です。公営斎場なら市民は一日2千円位で利用できます。故人と親しくしていた友人には、事前に直葬で葬儀をすることを連絡しておくことも大切です。友人達の中には、「自分も最後のお別れをしたい」と思う人もいるはずです。その場合は火葬を行う場所を知らせて来てもらうと故人も喜びます。